ウイルス対策にはこれ♪ ”次亜塩素水消毒液!!”

みなさま、こんにちは!!

今日はRAPHALで採用している消毒液の紹介です!

RAPHALではこれまでも新型コロナウイルスの感染防止に
努めて参りましたが、さらなる対策強化策として、
次亜塩素酸水の消毒液を設置いたしました。

これまで次亜塩素酸水は、ウイルスへの効果は評価中でしたが、
2020年6月26日、製品評価技術基盤機構=NITEにおいて、
次亜塩素酸水は一定濃度以上の十分な量を使用すれば
有効であるという検証結果が発表されました。

NITEによると35ppm以上の濃度があれば、
20秒後には99.99%以上のウイルスが死滅したと認められました。

今回採用しているものは50ppmですので、十分な効果が期待できます。

また、北海道大学の研究では次亜塩素酸水が新型コロナウイルスに対して、
不活性作用があるとの研究結果も発表されております。

それだけではありません!

次亜塩素酸水は、人やペットの口に入っても無害であり、
アルコールや薬品特有の匂いが無いため、他の消毒液と比較しても
日常生活における次亜塩素酸水の優位性は高いと思います。

一方で、次亜塩素酸水にも2点だけ弱点がございます。

一つは、時間の経過により徐々に水に戻る性質があるため、
消費期限が1か月~3か月と決められていること。
2つ目が、紫外線に当たると劣化してしまう性質があることです。

当店では、製薬会社が作った新鮮で製造年月日が明確な次亜塩素酸水を
仕入れており、専用の遮光性に優れた容器に入れて使用しております。

お客様からのご要望があれば、店販も考えて参りたいと思いますので、
来店された際はぜひ現物をご確認くださいませ♪♪