かたい髪質を柔らかく改善する方法

固い髪質を柔らかく改善する方法とは?

ヘアアイロンコテを使用する!
ヘアアイロンコテで髪に160~180度の熱を与えると内部の細胞に変化が起こり、髪が柔らかくなります。

これは髪自体にダメージを与えてしまうのでオススメできませんが、剛毛を変える一つの方法ではあります。

ただ、高温でヘアアイロンを使いすぎると、タンパク質変性を起こしてしまうので注意が必要です!

タンパク質変性とは、タンパク質が全体的、部分的に本来の機能を失っている状態。

タンパク質変性を起こすと、ダメージが大きく、二度と元の髪に戻ることはありません。

アミノ酸系のシャンプーを使用する!
保湿力のあるアミノ酸系シャンプーは、髪がしっとり纏まるので、剛毛に見えずらくなります。

シャンプーだけで髪を柔らかするのは難しいので、トリートメントやリンスを併用した方がいいですね。

パルミトレイシャンプー後に、髪への浸透性が高いツバキ油やオリーブオイルを馴染ませると、髪を柔らかくすることができます。

もし、髪が硬過ぎて仕上がりが物足りない場合は、「パルミトレイン酸」が配合されているトリートメントを使用されてください。

パルミトレイン酸は、髪を柔軟にする作用が高いからです。

パルミトレイン酸に加えてセラミドが配合されていると、より高い効果に期待できるので、トリートメントを選ぶ際には、成分表をチェックしましょう。
ン酸配合のトリートメントを使用する!

かたい髪質を柔らかく改善する方法

固い髪質を柔らかく改善する方法とは?

ヘアアイロンコテを使用する!
ヘアアイロンコテで髪に160~180度の熱を与えると内部の細胞に変化が起こり、髪が柔らかくなります。

これは髪自体にダメージを与えてしまうのでオススメできませんが、剛毛を変える一つの方法ではあります。

ただ、高温でヘアアイロンを使いすぎると、タンパク質変性を起こしてしまうので注意が必要です!

タンパク質変性とは、タンパク質が全体的、部分的に本来の機能を失っている状態。

タンパク質変性を起こすと、ダメージが大きく、二度と元の髪に戻ることはありません。

アミノ酸系のシャンプーを使用する!
保湿力のあるアミノ酸系シャンプーは、髪がしっとり纏まるので、剛毛に見えずらくなります。

シャンプーだけで髪を柔らかするのは難しいので、トリートメントやリンスを併用した方がいいですね。

パルミトレイシャンプー後に、髪への浸透性が高いツバキ油やオリーブオイルを馴染ませると、髪を柔らかくすることができます。

もし、髪が硬過ぎて仕上がりが物足りない場合は、「パルミトレイン酸」が配合されているトリートメントを使用されてください。

パルミトレイン酸は、髪を柔軟にする作用が高いからです。

パルミトレイン酸に加えてセラミドが配合されていると、より高い効果に期待できるので、トリートメントを選ぶ際には、成分表をチェックしましょう。
ン酸配合のトリートメントを使用する!

かたい髪質になる原因

なぜ、髪が硬いの??
生まれつき髪が硬い方は、髪内部のケラチン密度が高いからです。

髪の毛の中がパンパンに詰まっているから、その分硬さが出るというわけです。

逆にケラチン密度が低い方は、柔らかくてハリやコシの少ない髪質になります。

また、髪が硬い方は、髪を外側から包んでいるキューティクルの枚数が多いため、この影響もあると言われています。

1.ヘアアイロンの使い方が悪い!
ヘアアイロンは便利なアイテムですが、使い方を間違うと髪に大きなダメージを与える可能性があります!

ヘアアイロンを髪に当てる時間は、1度に2、3秒で十分です。

2、3秒当てたら、ヘアアイロン離して場所をずらし、次の場所に移ります。

1ヶ所に当て過ぎると、ダメージが大きくなり、タンパク質変性を起こして髪が硬くなってしまいます。

それと、くれぐれもヘアアロンに髪を挟んだままずらさないでくださいね。髪を引っ張ることになるので

たまに間違って引っ張るくらいならいいのですが、これを頻繁に繰り返してしまうと、毛根に負担がかかり、抜け毛・薄毛の原因になるからです!

2.ドライヤーの使い方が悪い!
ドライヤーから出る熱風の温度は約120度です。

かなりの高温になるため、ヘアアイロンと同じようにドライヤーを1ヶ所に当て過ぎると、タンパク質変性を起こして、髪が硬くなってしまいます。

このタンパク質変性を防ぐためには、髪にダメージを与えないようにドライヤーを使用しなくてはいけません。

でも、「ドライヤーで髪が硬くなるなら、始めから使わない方がいいんじゃないの?」と、思うかもしれませんが、

ドライヤーを使わずに髪を自然乾燥するのは、抜け毛の原因になる可能性があるんです

3.何度もカラーリングを繰り返している!
1度カラーリングをすると、シャンプーをしても髪の中にはアルカリ成分が残ります。

このアルカリ成分は簡単には除去することができず、完全になくなるまで2週間~3週間ほどかかります。

短期間にカラーリングを繰り返している方は、常にアルカリ成分が残っているので、

髪内部がダメージを受け続けて、髪自体が硬くなったり、パサつき、キシみが出やすくなります。

この残留アルカリを除去するためには、残留アルカリを除去するためのシャンプーを使用されてください。

スムーズに弱酸性の髪へと導いてくれます。