カラーワックスとは

ヘアカラーワックスとは、ワックスのように髪に揉み込むだけで髪の色を変えることができるアイテムです。
髪を染めたいけれど校則で禁止されていたり、職業的に髪を染めることができない…そんな方にとってはとても便利ですね。

ヘアカラーワックスとは、通常のワックスのようにヘアスタイルを整えながら、髪の表面に色をつけることができるワックスのこと。

ヘアカラーワックスによるヘアカラーは一般的に、髪の表面にカラー料を付着させることで髪の色を変化させています。
そのためヘアカラーワックスによる染色は、シャンプーなどで簡単に洗い落とすことができるとされているのです!

ヘアカラーワックスはシャンプーで落ちてしまうので、学校の規則や仕事の関係で髪を染めることができない方が「今日一日だけ髪を染めたい!」という場合におすすめです!

ヘアカラーワックスの魅力を体感してみませんか?

リンス―とコンディショナーの違い

リンスとは
リンスとは、英語で水洗、すすぐ、すすぎという意味があります。

リンスは、シャンプー後のキシキシした髪やごわついた髪のクシどおりをよくするものです。

一昔前、石けんシャンプーが主流だった頃に、ごわつきやきしみの気になる髪をすすぎやすくするものとして登場しました。

また、髪の表面に油分を与えて髪の毛自体をコーティングすることや水分を保つ役割もあるとされています。

リンスは、髪にツヤを与えたり、クシどおりをよくしたりなど、すこやかな髪をキープすることに役立つアイテムなのです。

ちなみに最近では、長年親しまれたリンスの名はそのままに種類別名称もリンスのまま、コンディショナーと同様の目的で使えるものも多く販売されています。

コンディショナーとは
コンディショナーも、リンス同様に髪の表面に油分を与えてコーティングすることや髪の毛のうるおいを保つ役割を果たすものです。

同じような役割を持っているのになぜ呼び方が違うのかというと、時代の変化とともに、シャンプーの品質改良や開発が進んだことが背景にあるのではないかと言われています。

一説には、すすぎやすさを重視する必要がなくなり、髪のうるおいを保つ目的を重視した保湿成分などがプラスされたものをコンディショナーと呼ぶようになったそうです。

コンディショナーの目的は、髪につやを与える、枝毛や切れ毛を防ぐ、髪の水分や油分を補い保つ、などさまざまあります。

普段、何気なく使っているリンスやコンディショナーですが、違いなどを知ることで毎日のお手入れの仕方やポイントを意識して使いたくなりますね。

紫シャンプー使い方、効果、注意点

紫シャンプーも通常のシャンプーと同様に使います。

ただ比較的泡立ちが良くないため、きしみやもつれを予防するためにシャンプー前には念入りなブラッシングを行い、髪を十分に濡らしておくようにしましょう。

シャンプーをしたあとは丁寧に洗い流し、すすぎ残しがないように気を付けてください。

コツ
紫シャンプーは、紫色の色素直接染料で染めていくものなので、泡立てて髪を洗った後、数分そのまま洗い流さずに放置するのが色をより効果的に定着させるコツです。
特に色抜けが気になる部分には、原液を手に取りその部分につけて5分ほど放置してから髪を洗う紫シャンプーパックもオススメ。

また紫シャンプーだけでなく紫トリートメントもあるので、合わせて使うとさらにきれいに色もちさせることができることでしょう。

効果
明るくオシャレで人気のあるヘアカラーのベージュ系やアッシュ系は、髪を染めた後に色落ちしやすく黄ばみやすくなるというデメリットがあります。
髪が黄ばむと実際以上にパサつきダメージがあるように見えてしまうのがネック。

そこで黄色の補色である紫色を使うことで、黄ばみがおさえられ、ツヤのある美しい髪色に見せてくれるという大きな効果があります。

同様に赤系やバイオレット系など、赤味系の色もツヤを与えて色もちを良くしてくれる効果が期待できます。

注意点
紫シャンプーに配合されている紫色の色素は、肌や髪に安全なものが使われていますが、すべての方に安全であるとは言えません。

肌に合わない場合、かゆみやかぶれが起こることもあるので、使用してみて頭皮に違和感を感じたらすぐに使用を取りやめましょう。

紫色の色素が入っているため、お風呂の壁や床についたらすぐに洗い流しましょう。放置しておくと色が残ってしまいます。

また、すすぎが十分でないと髪の毛についた紫色の色素が洋服についてしまうことも。爪の間も色素が残っていることが多いので、髪も浴室も丁寧に洗うようにしてください。

とくに明るい色に染めた場合、色が抜けてチープな髪色になってしまい、毎日のヘアケアが憂鬱という方も多いことでしょう。
毎日のシャンプーで手軽に使える紫シャンプー使ってみてください。

紫シャンプーとは

メイクやファッションと同じように、髪も思い通りの色に染めて楽しめるのがヘアカラーやブリーチですね。

また、白髪が多くなった時に使う白髪染めなど、髪を染色する方法はいろいろあります。

そんな髪色に手を加えた場合に、気になるのが色あせや退色の問題です。

特に髪を明るく染めたときに目立つ髪色の黄ばみや退色。それを防ぐのに効果があると話題となっているのが「紫シャンプー」です。

染めた髪の黄ばみ・褐色を補正する シャンプー
紫シャンプーは、染めた髪色をきれいにキープしたいときに使うシャンプーです。

その名の通り、紫色の色素が配合されているため、シャンプーを手に取ったときの色が、かなりビビッドな青紫色に最初は驚く方が多いようです。

なぜ「紫色」なのか。それはヘアカラーの色の「補色」に関係があります。

明るい色に髪色を変えるとどうしても黄ばみが目立って褪せて汚くチープな印象を与えてしまいますが、その黄色を消すために、黄色に対する補色である紫色を配合しているのです。

もともとの髪色が黒い方には効果がありません。

冬の髪の毛対策

冬は湿度が20~30%と、空気が非常に乾燥する上に、暖房が効いている場所にいることが多くなります。
これが、更に水分を奪っていく原因となり、寒さからくる頭皮自体の皮脂の分泌量の低下と相まって、乾燥の悪循環が始まってしまいます。

その結果、髪の毛は、表面のキューティクルが剥がれ、内部のタンパク質や水分が出て行き、枝毛や切れ毛ができてしまいます。
頭皮の場合は、皮膚の潤いを保っている角質層が荒れるため、フケやかゆみなどのトラブルに繋がります。
こうした状態をそのままにしておくと、最終的には髪の成長に大きな影響を及ぼすことになってしまいます。

髪の元となる「タンパク質」を中心に、バランスよく食べる!

まずは、乾燥にも負けない健康な髪を育てるために、食生活から気をつけてください。
そのためには、髪の元となる「タンパク質」を中心に、色々な食品をバランスよく食べることが大事です。

ツヤ髪を目指すなら、「油」の摂取も不可欠!

そして、髪のツヤの元となる「油脂類」もしっかり摂ってください。

毎日の食生活で油脂が不足すると、髪の毛をコーティングするための皮脂の分泌量も減少します。

油脂は、動物性のもの植物性のものどちらでも構いませんが、健康のことも考えると、植物性のものの方がいいかもしれません

そして、もう1つ大切なのが、「睡眠」です。

睡眠不足になると、血管が収縮して、頭皮へ栄養が届きにくくなるので、髪の毛が細く弱いものになってしまいます。
美容のゴールデンタイムを押さえて、規則的な睡眠をとるようにしましょう。

冬場は、特にきちんと「トリートメント」を

バスタイムにできるケアといえば、「トリートメント」です。
リンス、コンディショナーは髪の表面に吸着するもので、トリートメントは髪の中に浸透していくものです。

そのため、冬は特にきちんと「トリートメント」と表記されているものを使うようにしましょう。

また、時間があればトリートメントがついた状態で、ホットタオルを頭に巻いて5分ほどおき、保湿成分をじっくりと髪に浸透させてあげると、なお効果的です。

できることを少しずつでも、取り入れていただけたら、頭皮も髪も、よりいい状態で過ごせると思います。

ぜひ試してみてくださいね。

頭皮が硬い原因

頭皮の血行が悪くなることです。
そして頭皮の血行が悪くなる原因は、そのほとんどが日常的な生活習慣の中にあります。

原因の一つが、デスクワークです。
同じ姿勢を長時間続けていることで、肩や首筋の血行が悪くなり、頭皮の血行も悪くなってしまいます。
また、眼精疲労も頭皮の血行を悪くしますので、デスクワークであり、パソコン利用の頻度が高い職場の方は、頭皮が硬くなりやすい状況にあると言えます。
適度な運動と、良い姿勢を保つことで、頭皮の血行を改善することができます。

身体の冷えです。
身体が冷えると、身体全体の血液やリンパ液の循環が悪くなり、頭皮の血行も悪くなります。
身体の冷えは、オフィスや電車内の冷房や、身体を冷やす食物や飲み物を摂取し過ぎることによって引き起こされます。
オフィスや電車内では、ストールなどを使って、身体を冷やさないよう工夫すること、冷たい飲み物の摂取を抑えること、生野菜のサラダではなく、温野菜を食べることなどに注意することで、頭皮の血行を改善することができます。

紫外線を浴びた為に、皮脂が酸化して毛穴を詰まらせ、頭皮の血行を悪くしていることが原因になっていることもあります。
紫外線が強くなる季節には、日傘や帽子を利用して、頭皮を紫外線から守ることで、頭皮が硬くなるのを防ぐことができます。

シャンプー剤やトリートメント剤に配合されている化学物質から作られた成分が、頭皮の健康を損ない、毛穴を詰まらせていることや、洗浄力の強すぎるシャンプー剤を使うことで、皮脂がとれ過ぎてしまい、頭皮がそのダメージから頭皮を守る為に、より多くの皮脂を分泌して毛穴を詰まらせてしまうことが原因になることもあります。
このような場合には、石鹸由来のシャンプーなど、頭皮と髪に刺激を与えないタイプのシャンプー剤を使用することで、頭皮の硬さを改善することができます。

偏った食生活、不規則な生活習慣によって、腸内環境が悪くなり、新陳代謝がスムーズに行われなくなり、体内に老廃物が蓄積されることも、頭皮を固くする原因の一つです。
身体がこのような状態になると、身体中の血行が悪くなってしまうからです。
脂質や糖分、添加物の多い食品の過剰摂取を控え、規則正しい時間に食事を摂取し、身体が十分修復できるような時間帯に睡眠をとることで、頭皮が硬くなるのを予防、改善することができま

AGAとは

AGAエージーエーとは、Androgenetic Alopeciaの略で男性型脱毛症の意味です。

成人男性によくみられる髪が薄くなる状態のことです。思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなっていきます。

一般的に遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因と考えられています。
抜け毛が進行し、うす毛が目立つようになります。

AGAエージーエーの人は全国で1,260万人、そのうち気にかけている人は800万人、何らかのケアを行ったことのある人は650万人といわれています。AGAエージーエーは進行性です。何もせずにほうっておくと髪の毛の数は減り続け、徐々に薄くなっていきます。そのためAGAエージーエーは早めのケアが大切です。
20~69歳成人男性4200万人の約3人に1人

AGAエージーエーの特徴は、その脱毛の進行パターンにあります。額の生え際から後退していくタイプ、頭頂部から薄くなるタイプ、これらの混合タイプなどさまざまな脱毛の進行パターンがあります。

AGAエージーエーの脱毛部にはDHTジヒドロテストステロンが高濃度にみられ、これがヘアサイクルの成長期を短くする原因物質と考えられています。成長期が短くなることにより、髪の毛が長く太く成長する前に抜けてしまいます。十分に育たない、細く短い髪の毛が多くなると全体としてうす毛が目立つようになります。

AGAエージーエーは抜け毛、うす毛がゆっくりと進行していきます。
また、額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなります。毛包が十分に成長しないため、髪の毛が太く長く育たないうちに抜けてしまいます。

ただし、AGAエージーエーでは普通、うす毛になっていても、うぶ毛は残っています。毛包が存在している限り、髪の毛は太く長く育つ可能性があります。決してあきらめる必要はありません。

秋に抜け毛が増える原因

秋に抜け毛が増える原因とは?

秋は髪が生え変わる季節だから!
通常、抜け毛は1日に70~80本ほど抜けますが、秋になると1日に200以上本抜けることがあります。

なせ、こんなにも髪の毛が抜けるのかというと、秋は髪が生え変わる季節だからです。

あなたは、換毛期を知ってますか?

換毛期は、犬や猫の毛が生え変わる季節のことですが、人間にも動物のような換毛期があるわけです。

具体的にいうと、冬の季節に備えて毛母細胞が入れ替わるため、一時的に髪が抜けるのです。

これは男性女性、遺伝や生活習慣とは関係なく、誰でも抜け毛が増えてしまいます。

夏に受けたダメージによるもの
水浴やプール、登山など、夏は外出する機会が多いため、髪の毛が紫外線を浴びてしまいます。

夏に受けた紫外線のダメージは、秋になると一気に出てくる場合があります。

とくに危険なのは頭皮です

頭皮に紫外線が長時間あたると、毛母細胞が正常に働かなくなり、髪の毛が抜けるだけではなく、生えてこなくなる可能性があるからです

また、メラニンを作る色素肝細胞がダメージを受けると、白髪が発生する原因にもなるので、髪はもちろんのこと、頭皮環境を守ることも大切です。

夏場の不摂生による影響
暑い日々が続くことから、夏は生活習慣が乱れがちです。

例えば、夏バテから食欲不振になると、栄養不足や血行不良から頭皮環境が悪くなり、抜け毛・薄毛の原因になりますし、

冷えたビールやジュースを毎日のように飲んでしまうと、胃腸が弱ってしまうため、栄養を作ることが出来なくなります。

お酒の飲み過ぎは、肝臓に負担をかけ、皮脂の過剰分泌を起こします。

さらに、アルコールを分解するために、体内のビタミンB1を大量消費するので、皮脂が増え、頭皮のベタつき、ニオイが発生する原因にもなります。

頭皮が赤い時の対処法.対策

頭皮の赤みを防ぐ予防対応策1.シャンプーを見直す

洗浄力の強いシャンプーが肌に合わなかったり、それが原因で炎症を起こしてしまったら、まずシャンプーを見直すべきです。炎症を起こした頭皮は敏感なので、ほどよい洗浄力のシャンプーに変えましょう。硫酸系の洗浄成分を配合したシャンプーは洗浄力が強すぎるため、すでに炎症を起こした方は避けるのが賢明です。頭皮に必要な水分や皮脂を残しながら汚れを落とす、アミノ酸系シャンプーなどをオススメします。

頭皮の赤みを防ぐ予防対応策2.シャンプーのやり方を改善する

ゴシゴシ洗いや洗い残しも炎症に繋がります。間違った洗い方をしている人は意外と多いので、適切なシャンプー方法を学びましょう。
当たり前に思えるものもあるかもしれませんが、シャンプーのやり方は基本的に自己流が多いので、これを機会に正しいシャンプーの方法を行えているか一度見直してみてください。
シャンプーの前にブラッシングをする
ぬるめのお湯だけで頭皮の汚れと皮脂を洗い流す
シャンプーの原液は掌で泡立ててから使う
指の腹でマッサージしながら汚れを掻き出す
しっかりとすすいでシャンプー成分を残さない

頭皮の赤みを防ぐ予防対応策3.紫外線から頭皮を守る

強い紫外線を浴びるのも炎症の原因になります。それを防ぐには、紫外線の強い地域に長時間出歩くのを控える。もしくは帽子などで紫外線を直接浴びるのを防ぐ必要があります。対応策はシンプルですが、気をつけるのが大事です。

頭皮の赤みを防ぐ予防対応策4.専門医に診てもらう

赤い頭皮は頭皮が炎症を起こしていることを示し、この炎症は放置しておくと脂漏性皮膚炎などの皮膚疾患にも繋がります。慢性的なかゆみや痛み、フケが大量に出るなど、症状が深刻であれば専門の病院で診てもらうのが一番です。素人判断で病状を悪化させるよりも、専門知識を持つお医者さんに頼りましょう。

頭皮の赤みを防ぐ予防対応策5.生活習慣を見直す

炎症を防ぐためには頭皮環境の改善が必要です。頭皮環境を改善するには、目先のシャンプーや洗い方よりも生活習慣が重要です。ストレスなどによる偏った食生活や不規則な睡眠など、見直す部分としっかり向き合いましょう。そういった日々の積み重ねが頭皮環境を作り上げていくのです。少しずつ、出来ることから改善していきましょう。

頭皮が赤くなる原因

1.血行不良

血行不良、むしろ頭皮が青白くなるのでは?と思った方も多いはず。

確かに、入浴などで血行が良くなると、一時的に肌は赤らむことも。

けれど、本来は白っぽくあるべき頭皮が慢性的に赤いとしたら、むしろ血行不良によるうっ血によるものだと考えられるのです。

血行不良の要因としてよく言われるのが、乱れた生活習慣。

喫煙、過度の飲酒、運動不足、眼精疲労…などで、血流が滞るのです。

2.皮脂の過多・過少

頭皮が赤い原因の一つとして、皮脂の過多・過少も考えられます。

皮脂とは、頭皮の毛穴から分泌される油。

皮脂の分泌がもともと多かったり、洗髪が足りずに皮脂が蓄積することで、脂漏性皮膚炎という炎症を起こす場合があります。

この炎症こそ、頭皮の赤みの原因になり得るもの。

また、皮脂が少なすぎても、頭皮が赤い状態になることがあります。

それは乾燥性湿疹と呼ばれる炎症。
皮脂が少なくなり過ぎることで頭皮が乾燥し、紫外線などの影響を受けやすくなり、湿疹が出てしまうことがあるのです。

つまり、皮脂の過多も、皮脂の過少も、赤い頭皮の原因になり得るのです。

3.ニキビ

もし頭皮に赤いぶつぶつができているなら、それはニキビかもしれません。

ニキビは顔にできるものと思い込みがち。
けれど、頭皮にできることも少なくありません。

ニキビができるメカニズムとしては、肌のターンオーバー(新陳代謝)の乱れによる毛穴の詰まりや、皮脂の過剰分泌が考えられます。

皮脂の過剰分泌が起きている場合は、先ほどお伝えした脂漏性皮膚炎に繋がることも。

4.かぶれ

頭皮が赤い原因の一つとして、接触性皮膚炎いわゆるかぶれも考えられます。

かぶれとは、刺激性またはアレルギー性の物質が肌に直接触れることにより起こる炎症。

もしかすると、普段のシャンプーや頭皮・ヘアケア用品が、肌に合っていないのかもしれません。

敏感肌の人が洗浄力の強いシャンプーを使うことで、かぶれを起こすことが。
また、シャンプーに含まれている特定の成分にアレルギーがあった場合も、やはりかぶれを起こしてしまいます。

ほかに、パーマの際の物理的な刺激、カラーの化学剤の刺激によって、かぶれを起こすこともあるので、最近パーマやカラーをした方はこうしたかぶれが赤みの原因になっているかもしれません。