頭皮の乾燥の原因

1.  シャワーの温度が高すぎる
シャンプーやリンスなどの際に使用するシャワーの温度が高すぎると、頭皮に必要な皮脂も洗い流されてしまうことがあるといわれています。

シャワーの温度はぬるま湯がおすすめです。
熱めのお湯でさっぱり洗うのが大好き!という方は、今一度温度を確認してみましょう

2.  シャンプーの頻度が多い・頭皮に合っていない
シャンプーを一日に2回以上行ったり、自分の頭皮に合わないシャンプーを使い続けることも、頭皮の乾燥を招く原因につながることがあるといわれています。

脱脂力の強いシャンプーは頭皮の皮脂や汚れをしっかり取り除いてくれますが、
免疫力を保つために必要な皮脂まで取り除いてしまうことがあります。
乾燥が気になるときには使用を避け、適度な洗浄力がある“アミノ酸系シャンプー”を選びましょう。

3.   ドライヤーを至近距離であてている
髪を早く乾かそうと、ドライヤーの温風を頭皮からあまり離さずにあてることも、頭皮の乾燥につながりやすくなるといわれています。
熱風によって頭皮の水分が失われやすくなるためです。また、頭皮だけでなく髪の乾燥・パサつきにもつながりかねません。

4.   頭皮の紫外線対策をしていない
紫外線は肌の水分を蒸発させ、結果として乾燥を招く原因になることが知られています。これは、頭皮にもいえることです。

顔や体の皮膚と同じように、頭皮も紫外線を浴びています。また紫外線は、太陽が沈むまでは冬や雨の日でも降り注いでいます。
肌だけでなく、頭皮にも年間を通した紫外線対策が必要といえるでしょう

5.    温度・湿度の変化(寒さや風など)
寒い季節は空気が乾燥し、乾いた空気に触れることで頭皮も乾燥しやすくなります。

また、室内でもエアコン(暖房や冷房など)によって空気が乾燥していることが考えられます。
部屋全体はもちろん、オフィスの席やいつもいる場所がエアコンの風があたりやすい配置になっていると、風が直接頭皮にあたることがあるかもしれません。

6.    栄養不足や血行不良
食生活や生活習慣の乱れによる栄養不足や血行不良が、間接的に頭皮の乾燥を招いている可能性も。また冬の寒さなど、季節的な原因も考えられます。

育毛にいい頭皮マッサージ

両手の小指以外の計8本をつかって、両手のひらで包むようにして頭をもみほぐします。

小指は角度的に頭皮に爪が当たってしまいやすいので、使わないようにすると頭皮を傷つけてしまうリスクが減ります。
そして8本の指の腹で、優しく下から上に持ち上げる感じでマッサージしましょう。頭皮は敏感なので強く押したりしてはいけません。ゆっくりと力を入れて気持ちがいい程度がいいでしょう。

頭にある育毛のツボを押してあげることで、頭皮マッサージの効果をアップできます。肝心なのが、頭皮のツボを押すことです。育毛効果のあるツボを紹介しますので、マッサージしながらツボを探して押しましょう。

百会(ひゃくえ) 抜け毛予防、血行促進、ストレス緩和、頭痛や不眠の改善など
頭頂部の中心にあるツボです。健康のツボとして有名です。探し方は両耳からまっすぐ頭頂部に向かってなぞり、眉間から頭頂部に向かった線が交差する所です。両手の中指を重ねて、ゆっくりと押し込みましょう。

角孫(かくそん) 頭痛、血行促進、抜け毛予防、目や耳の病気予防など
耳のすぐ上の生え際のくぼんだ位置にあるツボです。

天柱(てんちゅう) 頭痛、肩こり、抜け毛、疲れ目、ストレスなどの改善など
百会と並んで万能ツボで有名。探し方は、首筋の中央で、うなじの生え際のくぼんだ位置を見つけます。そこからうなじに沿って外に向かって指をずらすと太い筋肉がありますので、その外側です。手のひらで頭を包むようにして親指で指圧しましょう。

風池(ふうち) 血行促進、頭痛緩和など
天柱からさらに外側に指1本分。こちらも天柱と同じく親指で押し込みます。

あ門(あもん) 首のこり改善、血行促進など
後頭部の下、うなじの生え際から少し上がった中央のくぼんだ所。頭を後ろに傾けると見つけやすくなります。あ門、天柱、風池は近い位置なので、親指を左右にずらす感じで順番に指圧すると効率的です。
玉沈(ぎょくちん) 血行促進、鼻詰まり改善など
後頭部の真ん中の盛り上がった位置(外後頭隆起)から、左右に指2本分の位置。

※ツボは指の腹で5秒ほど指圧してゆっくりと力を抜きます。これを3回くらいセットで行いましょう。

長時間やる必要はありませんが、毎日欠かさず続けることが大切。気長に続けていれば必ず効果が現れるので、ぜひ習慣にしましょう。

天気が悪くなると頭が痛くなる理由

片頭痛が起こる理由はまだはっきりと解明されていませんが、頭蓋骨内の血管が広がると炎症が生じ、それが痛みとして感じるようです。

天気が晴れから曇って悪天候になると気圧が下がり、脳の血管をおさえていた圧力が下がり、血管が広がりやすくなります。

脳の血管が広がることで、周囲の神経を刺激されて頭痛を引き起こすのではないかと考えられています。

気圧の変化が自律神経のバランスが乱れ、体調の悪化を招くとも考えられています。

片頭痛を起こす要因は実際には複雑にあり一つに絞れません。

その要因の1つにお天気の変化もあります。

片頭痛は頭の血管が過度に広がって神経を刺激することが原因ですので、痛い部分は「冷やす」のがポイントです。こめかみなど痛む場所をジェルシートなどの冷却グッズで直接冷やすと血管が収縮して痛みが軽くなります。逆に、シャワーや入浴、運動などの体を温める行為は血管を広げてしまうので避けた方がよいでしょう。

お天気とうまく付き合っていけるように、できたらいいですよね~

正しい髪の洗い方

【髪の正しい洗い方】
1. まずシャンプーをつける前に、軽いブラッシングで髪についたホコリを取ります。さらにぬるま湯だけで髪を充分にすすいでください。これだけでほとんどの汚れは落ちます。
そして、シャンプーは、容器から直接髪につけたりしないで、適量を手にとったら、少量の水で溶かしてから五個所ぐらいに分けて髪につけ、両手で円を描くようにして泡立てます。

2. 充分泡立ったら、最初は髪の汚れを落とすために、髪の根元から毛先に向かって洗っていきます。髪と髪をこすり合わせてゴシゴシ洗うのではなく、やさしく揉むように洗ってください。
次に頭皮も同様に、指の腹で揉むようにして洗います。耳の周りやかゆいところは、指を立てて細かく動かしながら、頭全体は指をジグザグに動かしながら、襟足から頭頂部に向かって洗っていきます。脂性の人や汚れがひどいときは、一回めで髪を洗い、二回めで頭皮を洗う二度洗いをおすすめします。

3. 洗い終わったらすすぎですが、38~40度のお湯でしっかり洗い流してください。へアサロンで人に洗ってもらうのとは違って、自分で洗うとなかなか目が行き届きません。特に耳の周辺はすすぎ残しが多くなりやすい場所なので注意してください。

以上が正しい髪の洗い方ですが、あなたの普段のやり方と比べてみてどうですか?

洗髪は自分で手軽にできる、いちばんの脱毛予防。専門家のアドバイスをとり入れることも大切ですが、同時に自宅でできるケアをしっかりやらなければ効果も半減してしまいます。毎日のシャンプーはぜひ正しく行うようにしてください。

育毛にいい運動

有酸素運動の継続は育毛に効く

有酸素運動とは、酸素を消費する方法で筋収縮のエネルギーを発生させる方法をいう。
また「十分に長い時間をかけて心肺機能を刺激し、身体内部に有益な効果をもたらすことのできる運動」とも定義される。
具体的には、ジョギングや水泳、サッカーなどの運動である。
このような有酸素運動は、単に運動している時だけ血行が良くなるというだけの話ではなく、継続して行うことによって様々な育毛効果を生む。

具体的な有酸素運動の効果

1. 発汗することによってDHTを排出

活性型男性ホルモン (DHT) は、薄毛の最大の原因といわれているが、そのDHTを排出する方法は2つあり、排尿と発汗である。
有酸素運動を行うことによって発汗量が増し、ストレスなどで溜まった血中のDHTを体外に排出することができ、育毛効果が期待できる。

2. 精神的ストレスの置き換え作用

現代社会においては、日々仕事や人間関係で過度のストレスを抱え込んでしまう機会が多い。
人間の体は、ストレスを受けると血流が滞る。
そして、血流が滞ると、今度は、血流を促す効果があるDHTを分泌し始めるのである。
このDHT濃度を高める原因となるストレスは、運動する事によって肉体的ストレスを受けると、精神的ストレスは肉体的なストレスに置き換えられるのである。
つまり、受けた精神的ストレスを、運動することで肉体的ストレスに置き換え、あとは休息をとれば、全てのストレスは解消されてしまうということである。

3. 毛細血管の新生

有酸素運動を長期に渡って続けていると、身体はより隅々まで酸素と栄養を行き渡らせる為に、血管の新生を始める。
血管が新生されれば、今まで行き渡っていなかった部分まで栄養分が行き渡るようになるので、育毛に良い環境を作りだすことになる。

毎日続けることが理想ですがいきなりそれは難しいので、1日15分を週に3日程度から始めましょう。そして、最初のうちはジョギングよりも負担の少ないウォーキングから初めてみましょう。

育毛にいい睡眠

慢性的な睡眠不足は、薄毛や抜け毛を増加させる原因になります。

髪は日中たくさんのダメージを受けていて、とくに太陽からの紫外線、塵や埃、温度や湿度も髪には負担材料といえるでしょう。それら日中に受けたダメージの修復は、睡眠中に行っています。

髪にとって睡眠は非常に重要であり、健やかな髪のためには質の高い睡眠がかかせません。睡眠の質を上げるためのアドバイスと“育毛”“発毛”に良い睡眠についてお話していきます。

睡眠のゴールデンタイムである22時~2時という時間帯は、実は平均的な朝型の人たちから導き出されたものなのです。

人間の体内時計ってのは、思いのほか人それぞれ違ってきています。朝に調子がいい朝型人間もいれば、夜になればなるほど目が冴えてくる夜型人間もいる。
体験的にもわかっているのではないでしょうか。
22時~2時ってのは”朝型人間”にとってのゴールデンタイムなのです。

ただ寝るだけでは不十分。良質な睡眠がポイント

眠る時間に気を付けても浅い眠りだったり、何度も目が覚めるような質の悪い睡眠では、成長ホルモンもあまり分泌されず、効果は十分に発揮されないでしょう。

良質な睡眠をとるためには、必要なことを理解して準備を行うことが大切です。
1.深い眠りにつける準備
2.就寝中の睡眠環境を整えておく
3.体内時計を整える
4.自分に必要な睡眠時間を設定する

髪の成長のゴールデンタイムに寝る。これを毎日続けていれば身体と髪の健康は促進されます。
髪に良い事を毎日 積み重ねていつまでも健康な髪でいましょう。

育毛にいい食事、食べ物

育毛にいい食事、食べ物を紹介していきたいと思います。

みかん
みかんには血管を拡張する働きがあるので血行が良くなり、
栄養が頭皮までスムーズに届くようになります。
みかんの皮には頭皮を柔らかくし、
毛乳頭細胞を増やす成分が含まれるため、
みかんの皮を焼酎に漬け込むだけと作り方が簡単なので

ナッツ類

大豆食品を食べるとタンパク質が摂取できますが、
亜鉛がないとタンパク質は髪に変わりません。

亜鉛は、牡蠣(カキ)、レバー、チーズ、卵黄、納豆、
海苔、うなぎ、もも肉、ホタテ、そば粉、干しエビ
などにも多く含まれています。

そして、鉄分、亜鉛、ビタミンA、ビタミンB2・B6など、
レバーには髪に必要な栄養素がたくさん含まれています。

唐辛子
唐辛子には血行を促進するカプサイシンが含まれており、
抜け毛予防や発毛促進に効果があります。

唐辛子を含む食べ物には、キムチなどがあります。
大豆イソフラボンを含む納豆や豆腐を食べると
髪の原料となる良質なタンパク質も摂取できるので、
私は納豆やみそ汁に七味唐辛子をかけて食べています。

唐辛子の1日の摂取量は2gです。

海藻類
ワカメ、海苔、昆布、めかぶ、もずくなどの海藻類の
フコイダン成分には発毛促進効果があると言われおり、
私は味噌汁に豆腐とワカメを入れて飲んでいます。

野菜と果物
ビタミン・ミネラル・食物繊維は三大栄養素と言われている
ビタミン、ミネラル、食物繊維を多く含む食べ物は、
以下のような野菜、果物になります。

にんじん・トマト・ピーマン・ほうれん草・小松菜・にら・
オクラ・バジル・モロヘイヤ・チンゲン菜などの緑黄色野菜
キャベツ・レタス・玉ねぎ・長ネギ・なす・かぶ・ごぼう・
きゅうり・たけのこ・白菜・大根などの淡色野菜
いちご・みかん・リンゴ・なし・ぶどう・キウイなどの果物

髪の毛を健やかに保つために栄養バランスの取れた食事は欠かせません。
毎日体に取り入れる食べ物や栄養素に気を配って、今ある髪の毛の健康を維持しましょう^^

育毛にいいシャンプー

一般的なシャンプーは三種類あります。

高級アルコール系シャンプー
一般に店舗などで販売されているほとんどシャンプーがこの高級アルコール系シャンプーです。
高級と聞くとなんだかよさそうと思ってしまいますがこれは単に成分の炭素数の多さを表しているだけのものであってシャンプーの品質とは何等か関係ありません。

炭素数が多いことをメリットとして泡立ちがいいということがあります。
使ったときによく泡立つといいシャンプーと思ってしまいませんか?
まさにそういった消費者の受けのよさをねらったシャンプーです。
しかし、高級アルコール系シャンプーは非常に洗浄力が強いため頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまうデメリットがあります。

そのうえ頭皮に残りやすく様々な頭皮トラブルの原因となってしまうのです。
安さでは一番かもしれませんが本当に頭皮の事を考えるとさけたいシャンプーの種類です。

石けん系シャンプー
石けんを主成分としたシャンプーです。
肌への刺激が少ないことで敏感肌やアトピー肌の方にも愛用されています。
ただし、洗浄力は高級アルコール系シャンプーと同様に強力ですので本来必要な皮脂までも落としてしまう部分では同じです。
また、洗髪後は髪がアルカリ性に傾いてしまうのできしんだりごわごわするという特徴があります。
薄毛で弱った髪には厳しいかもしれません。

アミノ系シャンプー
髪や頭皮と同じ弱酸性のため、頭皮への刺激が非常に少ないシャンプーです。
さらに頭皮に必要な皮脂は残しながら、汚れやふけなどはあらいながしてくれます。
必要な皮脂を残すためにすごくすっきりという感じにはならないかもしれませんが、頭皮のためにはいいことなのです。
すでに薄毛や抜け毛で悩んでいるのであれば、アミノ系シャンプーが最もおすすめです。