同じ分け目は薄くなる?

同じ分け目のヘアスタイルはもちろんですが、ポニーテールやカチューシャ、それからエクステをつけている人が気をつけないといけないのが「牽引性脱毛症」というものです。

ゴムで髪をしばるようなヘアスタイルだったり、エクステをつけたり、カチューシャをしたりと髪を引っ張り、頭皮に強い負担をかけることで、この牽引性脱毛症は発症します。

頭皮が緊張して、血行が悪くなることで毛根がダメージを受けてしまうことが脱毛の原因と考えられています。軽度なものであれば、頭皮の緊張を解くことで髪は再び生えてきます。

しかし、毛根がダメージを受けてから5年以上経過すると毛根は修復することなく、髪も生えてこなくなるといわれていますから、ずっと同じ髪型をして最近生え際が薄くなってきたとか、すでに髪が薄くなってヤバいという場合は、今すぐ対処したほうがいいです。

手っ取り早くできる対処方法としては、髪をまとめるにしろ、しばるにしろ、緩みをもたせること。頭皮を引っ張らないことが大切なので余裕のあるヘアスタイルをするようにしてみてください。

トリートメントって?

トリートメントは油分や水分を補って、痛んだ頭髪を正常に戻し、傷まないようにケアするものです。毛髪の内部にまでタンパク質成分が浸透できるので、ダメージ部分に栄養を補給することができます。

基本のトリートメント

まずは、基本のトリートメントの仕方をご紹介します。

1.きちんと水気をきる

手のひらを合わせて、毛先の水をきります。ショートへアの場合は、オールバックにするように手で髪をなでつければOK。

2.さくらんぼ大くらいの量を手に取る

トリートメント剤にもよりますが、ミディアムヘアでさくらんぼ大程度が標準。ロングの場合は多めに取るなど、長さによって調整をしましょう。

3.髪の中間から毛先にかけてつける

トリートメントは髪の根元からみて、中間から毛先につけましょう。トリートメント剤は、髪の根元につかないようにしましょう。

4.手グシでなじませる

指にもトリートメントをつけ、手を熊手のように広げ、手グシを通すようにして下から上に向かってトリートメント剤をまんべんなく全体に行き渡るようにつけましょう。

5.蒸しタオルをして3~5分放置

水に濡らしたタオルをレンジで温めるか、熱いお湯につけて絞った蒸しタオルを作って髪を包み3~5分ほど置きます。浸透させることが大切なので、ある程度の時間が必要です。

6.洗い流す

最後にトリートメントを洗い流したら完了です!

試してみてはいかがでしょうか?

トリートメントの頻度

トリートメントは毎日してもOKです。

人は毎日紫外線を浴びているため髪にダメージを受けていたり、カラーやパーマによって髪は傷んでしまっています。

トリートメントをすることで毎日のスタイリングによる摩擦やドライヤーの熱、紫外線などから髪を守ってあげることができます。

トリートメントは毎日することで日々のダメージを抑えてくれ、保湿効果もあるのでツヤのある髪になります。トリートメントは毎日するにこしたことはないのです!

毎日トリートメントをするのは正直面倒くさい、という人もなかにはいるのではないでしょうか?

そこでおすすめなのが、洗いながさないトリートメント。洗い流さないトリートメントも、成分的には洗い流すトリートメントとほぼ同様です。洗い流さないトリートメントは、ドライヤーの熱や紫外線から髪を守るという役割もあります。

オイルタイプやミルクタイプ、ジェルタイプなど、形状も様々なので、自分に合った使いやすいものを選ぶのもいいでしょう。

トリートメントの頻度

トリートメントは毎日してもOKです。

人は毎日紫外線を浴びているため髪にダメージを受けていたり、カラーやパーマによって髪は傷んでしまっています。

トリートメントをすることで毎日のスタイリングによる摩擦やドライヤーの熱、紫外線などから髪を守ってあげることができます。

トリートメントは毎日することで日々のダメージを抑えてくれ、保湿効果もあるのでツヤのある髪になります。トリートメントは毎日するにこしたことはないのです!

毎日トリートメントをするのは正直面倒くさい、という人もなかにはいるのではないでしょうか?

そこでおすすめなのが、洗いながさないトリートメント。洗い流さないトリートメントも、成分的には洗い流すトリートメントとほぼ同様です。洗い流さないトリートメントは、ドライヤーの熱や紫外線から髪を守るという役割もあります。

オイルタイプやミルクタイプ、ジェルタイプなど、形状も様々なので、自分に合った使いやすいものを選ぶのもいいでしょう。

髪が乾燥する原因 2

髪の毛が栄養不足
髪の毛が栄養不足になっていますと,水分を保つタンパク質は少なくなってしまいますし,また,キューティクル自体も弱いものになってしまい,自然のままにしていても,キューティクルの欠損などによって,髪の毛を覆うことが出来にくくなってしまうことがあります。
髪の毛自体もそれを覆うキューティクルも,体に吸収された栄養が足りなければ,作られることはないのですからね。

洗浄力の強い界面活性作用のある高級アルコールシャンプー等を使っていれば、髪や頭皮のうるおい成分が流れ落ちていってしまいますし、髪を洗うシャワーの温度も 熱すぎるとこれもまた乾燥の原因になってしまうんです。

睡眠不足や喫煙などの生活習慣も、頭皮や髪の毛に大きな影響を与えます。また、ストレスによる自律神経の乱れも頭皮や髪の毛にとっては大敵。頭皮の乾燥や髪の毛のパサつきの原因となります。

髪の乾燥の原因には頭皮の乾燥も関わりがあるんです!
髪は頭皮から作られるものなので、その頭皮が乾燥していると当然、髪も乾燥していますよね…。
生活習慣が乱れていると頭皮が乾燥し、髪の乾燥にも繋がっていきます。

髪が乾燥する原因とは?

これから乾燥の季節。
髪が乾燥する原因とは気になりますよね!
原因を取り除けば乾燥も防げるはずと思いますが、髪の乾燥の原因ってたくさんあるんです!
今皆さんが当たり前にやられているカラーやパーマも乾燥す原因です。
そして夏場・冬場のエアコンなども。

髪を乾燥させる要因は大きく分けて3つあります。物理的(熱処理・ブラッシング等)、化学的(カラー・パーマ)、環境的(気候、冷・暖房、紫外線、排気ガス、タバコの煙など)要因があげられます。加えて頭皮の状態によって髪が乾燥するケースもあります。

髪の毛の中がスカスカ
髪の毛の水分保湿率を上げようとして,髪の毛を水やお湯などに長く触れさせていても,水分を保つためのタンパク質がなければ,髪の毛は水分をとどめることが出来ません。

ドライヤーのかけすぎ
説明するまでもないでしょう。
ドライヤーは,急激に水分を奪ってしまうものです。
そのため,ドライヤーだけで乾燥させようとしますと,どうしても,調整がきかず,乾燥させすぎてしまうことがあります。

ナチュラルハーブカラーが人気

ヘアカラーのやりすぎであなたの頭皮が弱っていませんか?
今まで数多くの毛染め、シャンプーなどの繰り返しで、髪のダメージが多い方に朗報です。

ナチュラルハーブカラーは、今までの頭皮や髪のダメージを回復させていくという画期的な成分を配合しています。

一度知ってしまうと、癖になるカラーとも言えます(^^)
髪がどんどん健康になっていくのが分かっていただけるからです。

『ナチュラルハーブカラー』とは??

1、 90%以上が天然成分

2、炎症を抑える漢方薬配合

3、頭皮の血行促進、アンチエイジング効果

4、痛んだ毛髪を植物性アミノ酸が補修

5、植物性成分でツヤが出ます

6、医薬部外品

7.防腐剤、着色料、界面活性剤など不使用

8、毛穴が綺麗になり、ハリ、コシが生まれる

など、髪の毛や頭皮にいいことだらけなのです^_^

頭皮や、髪にダメージでお悩みの方、ご相談くださいね☆彡

長寿遺伝子

今、話題になっている長寿遺伝子、気になったので調べてみました。

若返りの遺伝子「長寿遺伝子」

人の体にはもともと長寿遺伝子という遺伝子が備わっているのですが、普段は使われていないんです。この長寿遺伝子とは『老化のスピードをコントロール』してくれる遺伝子なのです。

この遺伝子は普段は眠っているのですが、活性化のためのスイッチが入ると途端に動き出し、長寿遺伝子としての役割を果たすのです。このスイッチが知りたいですよね?それは…

1、適度な運動をすること。(インターバルウォーキングやお尻歩きをする)
2、カロリー制限をすること。(自分の適切な一日の摂取カロリーを知る)
3、抗酸化作用を持つレスベラトロールを含む食品を多く摂ること。(ポリフェノールの一種なので、ブドウや赤ワインなどを意識して摂る)

の3つとなります。

この遺伝子が働いている人は、若々しくいられるということなので、この3つのポイントをやっていきたいです。しかし、運動が苦手な私は、続けることが、困難なことです(;;)

キューティクルの修復 2

たんぱく質を補う

キューティクルの主成分であるたんぱく質を補うことで、本来の髪質を取り戻す事が期待できます。トリートメントには髪の毛から流れ出したたんぱく質を補う役割があります。成分にヒアルロン酸、アミノ酸、加水分解コラーゲン、加水分解シルク等と表示されたトリートメントは特におすすめです。

頭皮と髪の乾燥を防ぐ

髪の乾燥にばかり目がいってしまいがちですが、頭皮の乾燥を防ぐ事も髪にとって大切な事です。頭皮が乾燥していると、髪の毛まで潤いが行き渡らなくなってしまいます。

シャンプーのやり過ぎは刺激が強く乾燥を招くため、一日一回までに抑えましょう。髪の保湿方法としてはトリートメントが有効です。トリートメントをする際には蒸しタオルを頭に巻いて10分くらい待つと髪に浸透しやすくなります。

頭皮も顔と同じ皮膚であるため、化粧水で保湿する事も可能です。頭皮専用の化粧水やローションも出ているので利用してみましょう。また、乾燥を防ぐ方法として、オイルを使用するのもおすすめです。タオルドライ後にオイルを少量手に取って地肌と髪に揉みこんで馴染ませましょう

キューティクルの修復 1

ドライヤーを上手に使う

キューティクルは熱に弱いからといって自然乾燥にしてしまうと無防備な状態が続き髪を傷めやすくしてしまいます。ドライヤーを上手に使ってできるだけ早く乾かすことが大切です。

乾かすときのポイントは、まずタオルドライで水分をしっかり取ってから、頭皮から先に乾かすことです。タオルドライをすることによってドライヤーの時間を短縮できます。頭皮には皮脂が分泌されているため濡れたままにしておくと地肌によくありません。

ドライヤーは髪から20cm以上離し、同じ場所に長時間当て続けないようにしましょう。ドライヤーを左右に振りながら、キューティクルの向きに沿って根元から当てるのがコツです。8割程度乾かしたら、最後に冷風を当てるとキューティクルが引き締まって艶が出やすくなります。

頭皮マッサージ

シャンプーは髪を洗うことがメインではなく、頭皮の皮脂汚れを取り除くことが本来の目的です。髪をごしごし洗ってしまうのは、摩擦に弱いキューティクルを壊してしまう原因となります。健康な髪のためにも頭皮マッサージをして血行を良くし、頭皮を清潔に保ちましょう。

具体的な方法として、まず手の平でシャンプーを泡立て、地肌につけて指通りを良くします。次に、指の腹を使って円を描くように地肌をマッサージしていきます。この時、爪を立てたり力を入れすぎたりしないように注意しましょう。最後に毛先に向かって指を通して髪を洗います。

毎日のシャンプーに数分取り入れる事で、血行が良くなり健康な髪の毛の成長を促します。