髪の乾かし方 ~ボリューム調節~

3 髪のボリューム感をダウン・アップしたい時の乾かし方

髪の太さや量はひとそれぞれで、髪をボリュームアップさせたいと思う人もいれば、ボリュームダウンしたいという人もいます。

髪の乾かし方で、ある程度ボリューム感を変化させることができますので、それぞれの髪の乾かし方を見ていきます。

1 髪のボリューム感をダウンさせる乾かし方

ドライヤーボリュームダウン

髪が多い、広がりやすい、クセやうねりがあるなど、髪のボリューム感をダウンさせたいのであれば、髪を下に引っ張りながらドライヤーをかけていきましょう。

頭皮や髪の根元が乾いたら、髪を手ぐしで下に引っ張るようにして、ドライヤーを髪の根元から毛先に向けてかけていきます。

髪が乾いたら、ドライヤーを冷風に切り替えて髪の流れを固定させましょう。
頭頂部を手のひらやロールブラシなどで上からおさえながら、冷風をあてます。

2 髪のボリューム感をアップさせる乾かし方

ドライヤーボリュームアップ

髪のボリュームをアップさせたい場合は、下を向きながら髪を乾かしていきましょう。
そうすると、全体的に髪にボリューム感がでてきます。

頭のトップにボリューム感やふんわり感をだすときは、頭頂部あたりの髪を多めに掴んで、根元を起こすようにドライヤーをかけます。
そして、そのままドライヤーを冷風に切り替えて冷ましましょう。

髪の乾かし方 ~ツヤの出し方~

では、これからツヤのある髪を目指すための基本の乾かし方をみていきましょう。

1.まずは頭皮や髪の毛の根元から乾かしていく

まずは頭皮や髪の毛の根元から乾かしていきましょう。
髪の水分は重力にしたがって上から下にさがっていきます。上にある根元を先に乾かさないとなかなか全体が乾きません。
そのため長時間髪に熱風をあてることになってしまい、髪の水分が失われ乾燥してしまうのです。

頭皮に指を添えて軽く髪を浮かせ、熱風が頭皮や髪の付け根に届くようにします。
なお、ドライヤーは小刻みに揺らして1か所にずっと熱風があたらないよう気を付けましょう。
また、ドライヤーは20センチ以上離して使います。

2.ドライヤーを上から下にあて毛先まで乾かす

頭皮や髪の根元が完全に乾いたら、根元の先から毛先までを乾かしていきましょう。

ドライヤーは頭の上からかけて、髪にドライヤーの風が上や斜め上からあたるようにします。
そのとき髪を肩の前で集めるようなイメージでドライヤーをかけると、髪のハネや広がりが抑えられ、まとまりある髪になりやすいです。

80~90 %乾いたら、髪をかきあげつつ全体的にドライヤーをあて、まだ冷たいと感じる部分があれば乾かしましょう。

3.ドライヤーの冷風をあてて髪にツヤをだす

最後にドライヤーの冷風を使って髪にツヤを出しましょう。
頭皮や髪の根元、毛先まですべてに冷風をあててください。

冷風を当てると髪のキューティクルがキュッと引き締まり、ツヤがでるのです。
また、髪は冷たくなっていくときに形が決まっていくので、髪の流れを整えて固定することもできます。

冷風を当ててキューティクルを引き締めると、髪の水分や栄養が逃げにくくなるので、健康的で潤いある髪の維持にも大切です。

髪の乾かし方  ~事前準備~

美髪になる髪の乾かし方や、ボリューム感をダウン・アップなど自分の目的にそった髪の乾かし方や、
ツヤのある髪にするための乾かし方、ボリュームダウン・アップするための乾かし方、そして、ドライヤーにかける時間を短くした方別にそれぞれ紹介していきます!
1 髪を乾かすその前に…

髪の乾かし方を見ていく前に、先に髪を乾かす前にしてほしいことがふたつあります。

1-1 タオルドライで水分をある程度とっておく

ドライヤーで髪を乾かす前にできるだけ髪の水分をとっておきましょう。

なかなか髪が乾かず熱風を当て続けると、髪が乾燥してしまい、パサつきや広がりにつながりかねません。

洗髪が終わったら手ぐしで水を払ったり、髪をまとめて軽く水分を絞るなどしておき、お風呂から出たらタオルドライでできるだけ水分を吸収させましょう。

ただ、タオルでゴシゴシと拭くとキューティクルに負担がかかってしまいます。
タオルドライは、タオルを頭皮にあてて軽く手揉みするように押していきましょう。
また、ある程度髪に長さがあれば、髪をタオルで両側からはさみ、軽く押すようにして水分を吸収させましょう。

1-2 湿気の少ない部屋に移動してからドライヤーをかける

洗面所や脱衣所はお風呂場とセットになっている家が多いですよね。入浴直後はお風呂場からの湿気で、洗面所なども湿度が高くなっています。

湿度が高い場所で髪を乾かすと時間がかかってしまいます。リビングや寝室など湿気の少ない部屋で髪を乾かしましょう。

タバコによる抜け毛の原因

抜け毛や薄毛の原因としていわれるタバコは血行不良を起こすだけでなく、さまざまな理由で抜け毛や薄毛をもたらします。タバコが髪や頭皮に与える影響をしっかり把握して自分に必要な抜け毛対策をとることが重要です。タバコが髪や頭皮に与える影響について紹介します。

タバコはさまざまな理由で髪や頭皮にダメージを与えます

抜け毛や薄毛の原因の一つとして喫煙があげられ、その理由としてもっとも指摘されるのは血行不良です。

たしかに、タバコを吸うとニコチンが体内に入り、血管を収縮させて血行不良を起こし髪や頭皮にダメージを与えます。頭は心臓よりも上にあり、頭皮の毛細血管は特に細いため血行不良は大きな問題ですが、抜け毛や薄毛に対するタバコの影響は血行不良だけではありません。

タバコを吸うと悪玉コレステロールの増加やニコチンによるビタミン不足、また頭皮の老化を早める活性酸素の増加などが起こり、抜け毛や薄毛の原因となります。さらに、禁煙することがストレスとなってしまい、髪や頭皮のダメージになることもあります。

喫煙による悪玉コレステロールの増加は抜け毛を増やします

タバコを吸い続けると血液中に悪玉コレステロールが増えてしまいます。すると、悪玉コレステロールを減少させるために体内ではタウリンがつくられ、タウリンの合成過程では必須アミノ酸のメチオニンが使われます。

メチオニンは髪の毛を構成するアミノ酸の中でもっとも重要といわれ、髪の生育に必要なアミノ酸です。喫煙による悪玉コレステロールの増加はメチオニンを消費させるため、薄毛につながります。

また、悪玉コレステロールの増加は動脈硬化のリスクを高める要因です。動脈硬化が進行して血管内が狭くなると血行不良の状態になり、髪や頭皮に十分な栄養を送れなくなります。

抜け毛のバランス

抜け毛の本数が多いからといって薄毛にはならない

毛は抜けるばかりではありません。抜ける一方で、新しい毛もちゃんと生えてきます。髪の毛全体の1割程度は「休止期」といって、頭皮の下で毛母細胞がお休みしている状態です。お休み期間は2、3ヶ月で、それを終えると随時新しい髪が生えてきますから、先に取り上げたように「毎日髪全体の0.1%が抜けている」ということと合わせて考えると、多少季節的な要因で多く抜けることがあっても、髪の量は保たれると考えて大丈夫なのです。

抜け毛の本数よりも「増減」と「残っている髪」に注目

以上のことから、抜け毛の本数だけで髪と頭皮の状態を判断することは、あまり得策ではないことがわかります。ただし、

・産後やピルといった要因がないのに急に抜け毛の量が増えた
・髪全体のボリュームが減ってきた
・かゆみやフケ、べたつきも気になる

といった症状があるようなら、それは抜け毛対策を今すぐ開始すべきというサインです。ヘアケアだけでなく、食生活や睡眠の見直しもすると、だんだんと抜け毛も落ち着いてくるはず。また、血行を良くするために適度に身体を動かしたり、マッサージをしたりすることもおすすめです。

1日に抜ける毛は何本?

ブラシについた抜け毛を目にすると「自分ばかりがたくさん抜けているのでは?」と心配になりませんか?ですが、髪は日々かなりの本数が抜けるのが普通です。

1日に抜ける本数は100本近くにもなる

一般的な1日の抜け毛の本数は、50本から100本程度と言われています。100本というとかなり大量に感じる方も多いかもしれませんが、髪の全体量は約10万本なので、「1日に髪全体の0.1%が抜けている」と考えれば、そう不思議なことでもないのではないでしょうか。

抜け毛の量は季節によって変化がある他「産後」や「ピルの使用をやめた直後」もホルモンバランスの問題から抜け毛の量が増え、しかも半年近く続くこともあります。

「抜け毛シーズン」には200本以上抜けることも

1年のうち、もっとも抜け毛が増える時期と言われている季節は秋です。秋になると、1日200本以上抜けることも珍しくないのだそう。秋に抜け毛が多い理由は、「動物と同じように冬毛になる」「夏の日焼けやダメージが影響して抜け毛が増える」などが考えられますが、通常は1ヶ月もしないうちに、元通りの抜け毛の量に戻ります。

抜け毛の大部分は洗髪時に発生している

では、毛は1日のうちにどのタイミングで抜けているのでしょうか。やはり1番多いのは髪を洗っている時です。1日の抜け毛の半分以上はシャンプー時に抜けています。ただし全ての抜け毛がシャンプー時に初めて抜けるわけではなく、すでに抜けていた毛がお湯で流すことによって髪から洗い出されることがほとんどですから、よほど乱暴な洗い方をしない限りは、シャンプーが原因で抜けてしまうということはありません。

ブラッシングをした後も、抜け毛が気になるものですね。ブラッシングでもすでに抜けた毛が浮いてきますが、無理にとかそうとすると髪がひっぱられて抜けてしまったり、途中で切れてしまったりするので注意しましょう。他にも、寝て起きた時に枕やシーツに抜け毛がついているものです。全てをトータルして100本くらいが許容範囲と考えて、簡単にチェックしてみるのもいいかもしれません。

薄毛の解消法2

シャンプー、トリートメントが合っていない場合もあります。

しっとり重みが出すぎるようなシャンプーやトリートメントではボリュームがなくペタンとした髪になてしまいます。
髪にハリ、コシが出るタイプのシャンプー、トリートメントを選びましょう。

髪は年齢と共に細くなります。
これは髪の内部のタンパク質の量が減ってしまうためです。
ですから、髪の内部にタンパク質を補ってくれるシャンプーやトリートメントを使うことで髪にハリ、コシがでるようになります。

Check! ボリュームが無くぺたんこになる髪のヘアケア

トリートメントは髪の根元にはつけないようにしましょう。
根本が重くなると髪が立ち上がらずにぺたんこになってしまいます。

トリートメントはあまりすすがず残した方が良いと思われがちですが、残りすぎると髪が重くなってボリュームが出なくなります。
髪がきしみ始めるギリギリまですすいで、できるだけ髪を軽くするのがボリュームアップのコツです。

薄毛の解消法

歳を取るとともに、髪の毛は細くなり、頭頂部のボリュームが少なくなって地肌が目立ち始めます。
でも、できればウィッグは使いたくないという方も多いのではないでしょうか?
地肌が目立つ原因は、加齢による薄毛だけではないかもしれません。
ヘアケアで髪の毛をボリュームアップする方法をご紹介します。

地肌が目立つもう一つの原因

髪の量が減ったこと以外にも地肌が目立つ原因があります。
いつも同じ分け目にしている
シャンプー、トリートメントが合っていない

の2つが大きな原因です。

いつも同じ分け目にしている

いつも同じ分け目にしていると、髪が同じ方向に倒れるようにクセが付いてしまいます。
特に年齢を重ねて毛根が弱っていると、クセが付きやすくなり髪が立ち上がらなくなってボリュームが出なくなるのです。
また、同じ分け目にしていると、紫外線が同じところに当たり続けるので、薄毛や抜け毛の原因にもなります。
分け目はこまめに変える方が良いでしょう。

クセがついてしまった髪は、ブラッシングでボリュームアップさせることができます。
生え際、耳の上、うなじからそれぞれ頭頂部へ向けてブラッシングしてください。

分け目とは逆方向へブラシを動かすのがポイントです。
いつもと違う方向へ力が加わるので、生え際が立ち上がって根本がふっくらボリュームアップしますので、地肌が目立ちにくくなります。