水素水‼

ずっと気になっている、水素水ポケット。
水素水は体にいいと言われていますが、なかなかお水を手に入れるのが難しいなぁと感じていました。
なんと、持ち運びができる水素水製造機があるということで、購入を悩んでいます。
でも、一度買ってしまえばずっと使えるし、、調べてみました。

水素水の中でも、持ち運びが出来るボトル型の水素水をご紹介します。
ボトル型水素水の特長は、普通の水から水素水が作り出せることです。
飲みたい時に水素水を作る。

水素水の弱点として、水素が抜けやすいということが挙げられます。これは、どこでも言われていることでして、抜けやすい水素を止めることは出来ません。

ポケットは、携帯性No.1!生成する水素水の濃度は約700ppbと、「アキュエラ水素水7.0ppm」と比べるとかなり落ちますが、1.0ppm = 1000ppb あれば高濃度の水素水と言われています。水素濃度は落ちますが、携帯性では「ポケット」が有利です。

「ポケット」は、水素生成するボトルを持ち運ぶだけで良いのです。水素発生剤を別途持っていないといけないというわけでもなく、電源の必要もありません。

なぜなら、「ポケット」は充電式だからです。1度の充電で、約50回水素水が生成可能なんですね。あまりにも充電が持ちすぎて、充電するのを忘れてしまう位です。

また、「ポケット」もお茶やスポーツ飲料を入れて水素を添加することが出来ます。これもメリットの一つ。

「ポケット」は水素添加材ではなく、スイッチ一つで電気分解するので、何度もスイッチ水素を発生させることが出来ます。もし、長時間放置して水素が抜けてしまったとしても心配はいりません。再度、スイッチを押せば、また同じ濃度の水素水に戻ってくれます。

どこにでも持ち運びが出来て、移動中でも水素水が生成可能。アスリートや芸能人の方に多く愛されている、それが携帯水素水サーバー「ポケット」です。

美容と健康の為、やっぱり手に入れたーい!!